レンズの曇り対策

みなさま、こんにちは。

突然ですが、冬場になると、メガネが曇りやすくなりますよね。

風邪対策でマスクをすれば、尚のこと・・・一瞬で視界が白くなると身の危険を感じることも。

今回は、レンズの曇り対策のお話です。

まず、なぜレンズが曇るのか?

気温差によって、空気中の水分が細かい水滴となりレンズ表面に付着します。

その水滴の中で光が乱反射し、レンズが白くなるのです。

曇りを防ぐには、レンズに薬剤を塗布し、水滴を作らないようにします。

弊社で、取扱いしている曇り止めの方法は2種類あります。

①レンズ自体に最初(製造の段階)から曇りにくいコーティングを施す方法(2製品)と、

②レンズの表面に曇りにくい薬剤を塗る方法があります。

①レンズ自体に最初(製造の段階)から曇りにくいコーティングを施す方法

レンズ製造の際に、曇りにくいコーティングをレンズ表面に定着させます。

「最初から曇りにくい効果があるならばとても楽で良いじゃないか」

とお思いになるかと思いますが、以下のような特性があります。

製品1は、コーティングした薬剤に加えて、専用のジェルを定期的(1週間に1度程度)に塗布させる必要があります。

製品2は、何も塗る必要は無く、メンテナンスは不要ですが、

レンズ表面が傷に弱く、1,2年でレンズ自体が黄みを帯びてきますので、耐用年数が短いです。

次に、②レンズの表面に曇りにくい薬剤を塗る方法

こちらは、レンズ表面をキレイに洗浄したあとに薬剤を塗ります。

製品1:メガネのふくだけシートこちらは、ウェットタイプのメガネクリーナー兼くもり止め効果があります。

1包づつになっているので、持ち運びに適しています。

製品2:アンチフォッグこちらは、ジェル状になっており、塗布した後に適宜ティッシュで余分な薬剤を取り除きます。

最近のブルーカットコートなどのツルツルしたコーティングなどでも曇りにくい効果を発揮します。

曇りにくい効果は、アンチフォッグの方が高いようです。

気になる方は、是非お試し下さい。

鴨居店 いしはら