眼鏡屋から(◎_◎)視える(◎_◎)災害時の備え

眼鏡屋から(◎_◎)視える(◎_◎)災害時の備え

こんにちワンダフル。

今回は眼鏡屋目線の災害時の備えです。

 

皆様は横浜市が発行している新聞をご存知でしょうか。

《広報よこはま2月号》に大地震に備えよう!という特集が組まれており、すごく為になりました。

内容としては

東日本大震災から7年たった今、その時の意識を風化させずに《もしも・・・・・・》が起こった時の為に日々の備えを怠らないように意識しましょう。ということでした。

 

その中で↓のように

 

行動を促している記事があり、

備えておくべきもの↙が掲載されておりました。

to

何でメガネがないんですか!?(´゚д゚`)

鴨居店 中野(やっさん)

震災の時にはメガネがなくて困っている方が多く、ボランティアでいただいたフレームを整備して東日本に運んでいきました。

情報を得るにはTVや新聞などが見えなければ不便します。家族の顔や近所の方の顔もそう。

もう、その時の涙を風化させてしまっているとしたら残念です。

起こらないに越したことはありませんが、《もしも・・・・・・》の災害に備え、予備の眼鏡もできたらご用意してください。

本当に何もないことが幸せですが♪

安く販売している出来老(出来合いの老眼鏡)などもあります

nakayama MIZA