重要性が増すBCC(ブルーライトカットコート)

今販売するレンズには、ほぼBCC(ブルーライトカットコート)をオススメしています。

こちらは 999,9 M-161 に BCC と カラー染色でフェアブラウン15%グラレーションを入れて作ったメガネ

通常だとBCCは目立たないが...

光を当てると青色光を反射させて阻害するので、レンズ反射光が青や紫色になります。

コロナ禍で家に居ることが増え、TVやゲーム、PCを使う時間も長くなっています。

光を出す媒体の液晶画面などを長時間、見続けることによって眼は疲弊していきます。

その疲労を少しでも軽減しようとするには、レンズに特殊なオプションを付けるのが手軽でオススメです。

BCCよりも効果が高いオプションもありますが、効果を高めようとするとレンズ染色に進んでしまうので万人受けではなくなってしまいます。

BCCも厳密には色調が変わるので色を扱う趣味や仕事の人にはオススメしませんが、それ以外の方にとってはメリットが大きいのでメガネを新調する際には如何でしょうか。

BCCをつけるメリットは単純に疲れ眼対策だけでなく、防傷コート(MSC)、帯電防止コート、裏面反射UVカットコート(P-UV)がまるまる全部標準についてくることにもあります。

オプションを単品で付けるより、BCCを選ぶだけで1オプション価格で3オプションがまとめて付いて来るのです。

超お得なコーティングなので、これからメガネを考えている人はオススメです。

鴨居店 ヒキン

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる