コロナ禍で普段より眼が疲れる人にオススメのアイテム紹介

コロナ禍によって、普段より画面を見続ける時間が増えたことでテレワーク用メガネの需要が高まっています。

前回のブログでは、これからメガネを作る方向けにBCC(ブルーライトカットコート)をオススメさせて頂きましたが、

今回はしばらくメガネを作る予定が無い方向けに便利なアイテムを紹介します。

個人的マストアイテムは桐灰化学の「あずきのチカラ」

レンジで50秒ほどチンすると5分ほど使える蒸しタオルに変わります。

繰り返しで250回前後使えるということで、コスパもよく個人的に愛用しています。

週に数回、彼此3年は使っていますが、寝る前に眼に当てているとそのまま就寝しているので安眠アイテムとしても活用しております。

流石にそろそろ効果が無くなって来ているので、薬局で売り出され始める冬場になったら買い換える予定です。

出先でも使いたいという方には、花王の「蒸気でホットアイマスク」が便利です。

こちらは封を開けると化学反応で熱と蒸気を出すタイプなので手間が要らず、使い捨てが出来ます。

更に40°前後で20分ほど効果が持続するのでゆっくりリラックスするのには最適です。

 

※注意

上記で紹介してきたアイテムは、基本的に当店で販売していません。

 

ここまではアイテムを紹介して来ましたが、個人的にもっとも効果があって手軽に出来ることだとと思うのは入浴です。

電気を消して薄暗やみの中、40°以下のぬるま湯でゆったり身体を暖めると自律神経の調整や眼精疲労にも効果的です。

電気を消すと真っ暗になってしまう家だと、バスキャンドルなどで灯りを取るのも良いかも知れません。

目薬なども有効ですが、基本は暖めて血行を良くするのが疲労回復に効果があります。

眼精疲労でお困りの方は、試して見ては如何でしょうか?

鴨居店 ヒキン