コロナ禍で見直されるべきフォーナインズフレーム

包み込むか掛けるか

このコロナの蔓延している中マスクを装着することは必須になりました。メガネを掛けて生活している方はマスクとメガネの両方を耳に掛けることになります。すると耳にかかる負担が、マスクを掛けていない時と比べて不快指数が上がります。

マスクと眼鏡のツルが絡んだりしてメガネを落としたり、マスクが曇ったり。実際コロナ以降お店でメガネの調整をすることが増えました。この状況が続くと耳が痛くなることも増えると思います。

そんな中掛け具合に定評のあるフォーナインズフレームの性能に着目してみました。実際の掛け具合をご覧ください。

これは自分のメガネを一週間ずつ掛け比べをしたのですが普通に曲げて掛けるタイプのメガネは耳の上が痛くなりましたが、フォーナインズフレームは痛くなりませんでした。

通常の曲げるタイプだと耳に引っ掛ける為テンプルの先を下方向に曲げてフィッティングします。そのためマスクとも絡みやすく耳に掛かる負担も増しました。

フォーナインズは耳の上を通過するようなフィッティングだったので、マスクの紐とバッティングせず快適でした。頭を優しく包み込むフォーナインズの掛け心地はこのコロナ期にあってもその性能をいかんなく発揮してくれそうです。

更に人気が出そうなフォーナインズを今回掛け比べたS-161Tの他二本を紹介します。

フォーナインズS-161T

フォーナインズの中でも人気の

品番 S-161T 53▢17

 

フォーナインズNPM-82

今がマストなコンビネーション

品番 NPMー82 53▢18

 

フォーナインズNPー97

スタンダードなセルフレーム

品番 NPー97 53▢16

包み込むようなフォーナインズの掛け心地は耳にもやさしいみたいです。耳に痛みを感じる方は一度試してみてください。

 

nakayama MIZA

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる