白内障術後に必要な「目を保護するメガネ」について

白内障術後に必要な「目を保護するメガネ」について
目次

白内障術後の保護メガネは何を選べばよい?

白内障を手術すると、大抵は目の中にゴミやほこりが入らないように「保護メガネ」を掛けるようになります。目の手術跡がふさがるまで長くて一か月ほど掛けることもあります。

その際にどんな保護メガネを掛ければ良いか、実用的なものからコスパの良いものまで解説します。

TALEXのオーバーグラス

メガネの上からはもちろん、メガネなしでも掛けられる。ゴミホコリから目を守るだけではなく、偏光レンズが搭載されているので眩しさも完全シャットアウト。

TALEXオーバーグラス

  • 顔を覆う装着感で、
    有害な紫外線をしっかりガード。
  • 風の巻き込みを抑え、
    春には花粉の侵入を防ぎます。
  • 普段メガネをご使用の方は、
    サングラスの掛替えという煩わしさを解消。

ユーザーボイス

29歳 女性 「プレゼントにピッタリだった。」

母は白内障の手術をしてから外の光がとても眩しいようで、日中の外出は消極的になっていました。ある日、自分用にこのオーバーグラスを購入したところ、予想以上に軽くて伱間からの光も入りづらいので、困っていた母にプレゼントしました。それから母は、サングラスを掛けて日中買い物に出かけるようになったんです!笑顔が多くなって、私も親孝行ができて嬉しかったです。

反射

光の反射が消えるので快適スッキリな視界に。

オーバーグラス2

術後から通常の生活まで、長いお付き合いができる機能性に優れた目を保護する万能グラス。

税込み価格:19800円

類似商品

TALEXのオーバーグラスの廉価版。レンズが偏光レンズではなく、カラーレンズがついています。

廉価オーバーグラス

専用ケースと首から掛けられるストラップも付属でついているのでお得です。

廉価オーバーグラス

税込み価格:11000円

花粉症グラス

花粉症グラスや防塵グラスも目の保護の観点から有効です。

保護グラスとしての花粉症グラス保護グラスとしての花粉症グラス2

花粉症グラスも目の周りを花粉から守るためにゴミやほこりが目に入りづらい設計になっています。

花粉症グラス

税込み価格:1980円~5000円程度

眼科で販売している保護グラス

眼科によって値段はマチマチです。手術してついでに購入される方も多いようです。

防護グラス

機能的にどれを購入しても目を保護できるので大丈夫です。手術後は保護メガネでしっかりと目を保護してください。

↳白内障前後の眼鏡の作り方

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最近ハマっているのが「カレーパン」食べ比べること。こんなに違うのか!?至高のカレーパンに出会うまで旅をつづけています。
SNS担当でフォロワーを増やすために日々悶々としとります。中山のお店に来られた際にはニーハオと声をかけてや。
13年勤務しとります。よろしゅうお願いします。

目次
閉じる