白内障前後の眼鏡の作り方

白内障ブログ
目次

白内障の症状

白内障の主な原因は加齢によるものです。しかし、紫外線・喫煙・糖尿病とも関係していることがわかっています。症状は視力が弱くなります。水晶体全体に混濁がある場合は視界全体がぼやけ、水晶体中芯のみに混濁がある場合は屈折力が強くなり近方が良く見えるようになって老眼が治ったかのように感じます。水晶体の透過性が落ちているのでカスミがかかったように見えるのでピントが合わないと感じてストレスを感じるようになります。

参考文献【白内障LAB(白内障のすべて)

白内障手術前の場合

白内障と診断を受けると目の見え方が以前と変わってきます。今メガネを使っている方は眼鏡の度数が合わなくなってきます。薄暗いところでのコントラストの低下や明るい場所でのまぶしさも感じやすくなっているので偏光サングラスはおすすめです。

白内障と診断されたときはまず、経過観察なのか手術をするのかを決めます。

手術をすることが決まっていれば手術が終わるまで今のままで過ごすか、手術までの期間が長いのであれば『白内障と診断された方でも安心してメガネが作れるプラン』というものがあるので今の眼の度数に合わせてメガネを作ることもできます。

経過観察の場合は今の眼に合わせてメガネを作りますが、いままでより度数の変化が早いので作り替えのスパンが短くなります。もし1年2年のうちに白内障手術を考えているなら『白内障と診断された方でも安心してメガネが作れるプラン』で眼鏡を作っておくと度数の入れ替えが※無料になりますからお得です。

白内障と診断された方でも安心してメガネが作れるプラン

↳偏光レンズTALEX(タレックス)の性能ー眩しさを軽減する驚異の技術ー

白内障術後の場合

白内障の手術を受けた後は眼を雑菌や衝撃から守るために保護メガネを掛けましょう。また、それまでに使用していたメガネはほとんどの場合で合わなくなります。白内障手術はコンタクトレンズをのようなものを眼の中に入れることなので、目の中をきれいにしたついでにその人に合わせた度数を入れます。

白内障手術が終わって一週間から一か月経てば眼の中に入れたレンズが馴染んで度数が落ち着きます。手術が終って度数が落ち着いた眼に合わせてメガネを作ります。

白内障後はまぶしさを感じやすいので薄い機能カラーレンズを入れるのをお勧めします。

↳白内障術後に必要な「目を保護するメガネ」について

↳遮光眼鏡レンズの技術を応用した、高機能カラーレンズのまとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最近ハマっているのが「カレーパン」食べ比べること。こんなに違うのか!?至高のカレーパンに出会うまで旅をつづけています。
SNS担当でフォロワーを増やすために日々悶々としとります。中山のお店に来られた際にはニーハオと声をかけてや。
13年勤務しとります。よろしゅうお願いします。

目次
閉じる