あつまれ!どうぶつたち!!春のお祭り・イースターと、どうぶつの視力

春のイベントとしてじわじわと

浸透しつつあるイースター。

イエスキリストの復活を祝う

「復活祭」であると同時に

春の訪れを祝うお祭りでもあります。

 

イースターはその年の春分の日の後の

満月から数えて最初の日曜日となるので

今年(2021年)のイースターは4月4日です。

イースターといえば、カラフルに

ペイントした生命の象徴を表す卵

「イースターエッグ」や、繁栄の象徴として

多産なウサギ「イースターバニー」です。

ちなみにヒヨコは卵から生まれるもの→ヒヨコ

と、拡大解釈されて仲間入りしたとかしないとか…

 

イースターについて検索していた時に

ウサギの視力ってどのくらいなのだろう?

と、ふと気になり調べてみると…

ウサギの視力は人間でいうと0.05~0.1位の

近視であまり良いとは言えませんが、

光に対する感度は人の8倍、

視野はほぼ360°(死角は真後ろと口元の

わずかなスペースのみ)と、とても広いそうです!

 

さらにヒヨコ→ニワトリの視力も調べてみると…

大空高く飛ぶワシやタカ、トンビなどの猛禽類の

視力は人間のおよそ8倍以上と言われていますが、

鳥の中でも視力が悪いと言われるのが

ニワトリで視力は0.07程度だそうです。

生活環境によるところも大きいのかもしれませんね。

 

唐突ですが、中山店ではカワイイネコちゃんの

メガネケースを販売しています。

お値段は¥1,430(税込)です。

ついでに猫の視力も調べてみました!

猫は素早く動くネズミや虫を捕まえてしまう

くらい動体視力が優れており、人間の4倍は

あるそうです。しかし猫の視力は人間でいうと

0.1~0.2程度ですが、猫は夜行性なので

暗いところの方がよく見えます。暗闇での

見え方は人間の6倍もあるそうです。

 

視力は生活環境の変化によるところも大きいので

近未来、人間を含め動物たちの視力も

変わっていくのかもしれませんね。

 

中山店 永井