聞こえ具合いにきずいたら (聴力)

一般的に聴力の低下は年齢と共に誰にでも起こり得ます

早い人で35前後からだそうです

しかし 50歳代になると高い音が聞こえにくくなり 70歳代になると

高い音は特に音が大きくても聞こえにくくなってしまいます

 

年齢と共に聞こえが悪くなること=加齢性難聴

この加齢性難聴は60歳代前半で5~10人に1一人ですが

75歳以上になると約7割の人が加齢性難聴になって

 

①伝音難聴・・・音を伝える外耳・中耳の障害

②感音難聴・・・内耳・内耳以降の神経回路の音を感じる部分の障害

③混合性難聴・・・伝音難聴と感音難聴の両方の症状を合わせ持っている難聴

 

例しちじ(7時)→いちじ(1時)・ポスト→ポット

エンピツ→エントツ・サトウさん→カトウさん

 

聞こえ具合は個人・個人で異なります

難聴度や聞こえにくい音は人によって違います

視力に例えるなら 近視は小さい字程見えづらくなりますが

難聴は音の高・低によっては小さくても聞こえたり

大きくても聞こえにくい事もあります

 

健康診断やご家族から 聴力を指摘されてしまった際には

迷わずに耳鼻科の医師ご相談してください

中山店しのはら