なかなか名称が出てこない”アレ”の修理は可能です。 アレ=<メガネの紐>or<メガネチェーン>or<グラスコード>

ちょっと気温が高くなってくると、メガネが下がる為かグラスコードの動きが良くなります。

このグラスコードですが、長く使っているとメガネのチェーンと繋ぐゴムの部分が切れたりします。

かなり多くの方が、ゴムが切れたら寿命と思って諦めてしまうようですが、この部品は交換が可能の場合が多いです。

グラスコードも買うとそこそこしますので、状態が良くて壊れたパーツが交換可能なら、交換修理をオススメします。

グラスコードが壊れる場合は、ほぼここのゴムパーツが切れたり、ゴムパーツと本体を繋いでる金具の輪が変形してなくなったりが多いです。

大抵のグラスコードは、こういった消耗部品の交換が可能となっておりますので、まず壊れたら捨てずに一度お持込下さい。

パーツ交換が可能で、在庫があれば数百円で修理できます。

ただ、汗などで本体側の金具自体が錆び始めていたり、金具自体が弱っているとパーツ交換部品を付けるときに本体金具が折れるリスクがあります。

その場合の保証は出来かねますので、ご了解の上でご相談下さい。

パーツ交換で直る場合は、工賃不要でパーツ代のみにてお直し致します。

鴨居店 ヒキン