下が無いフレーム(ナイロール)は型変更が出来ます。

下に枠が無いフレーム(ナイロール)はある程度、レンズの型を変えることが出来ます。

型を変えるメリットってあるの?と思われるかも知れませんが、通常の単焦点レンズだとあんまりメリットはありません。

メリットが生まれるのは、主に遠近両用レンズなどの累進レンズを作るときです。

丁度リドルの型違いがあるので、説明していきます。

リドルR-086 天地 (レンズの上下幅) 27mm

リドルR-086 天地 (レンズの上下幅) 32mm

同じフレームですが、レンズの上下幅が違います。

見た目のスッキリ感で選ぶなら、上下幅は短いほうが好まれる場合が多いです。

ただ、遠近両用レンズなどを上下幅の短いフレームに入れると...

手元を見る部分が全部入りません。

製作することは可能ですが、手元が見えにくく、使いづらいメガネに仕上がることが予想されます。

逆に手元を全部入れると、今度は遠くを見る部分が上にありすぎて、遠方がぼけてしまいます。

どちらにしろ使い難いメガネになります。

そういう時に、レンズを下に数ミリ伸ばすと...

遠方部も近方部も全部綺麗に収まるようになります。

1~3mm程度なら、与える印象にあまり変化が出ないので、お客様の許可を取って伸ばすことが多いです。

さすがに変化させる部分が5mmを越えてくると、印象が変わるのでオススメしません。

遠近両用が難しいかな?というメガネでも、意外としっかりした状態で作れたりするので、気になるフレームがあったらご相談下さい。

皆様のご来店をお待ちしております。

鴨居店 ヒキン

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる