メガネのネジが固くなったら、ご自分でネジを回さずにお持ち下さい。

みなさま、こんにちは。

今日で、8月も終わり。あと4ヶ月で2021年が終わるとは・・・実感がわきません。

毎年、この季節になると「メガネの腕のネジが急に固くなった」という方が来店されます。(メガネの腕(テンプル)を留めている部分「丁番」部分が動かなくor動きにくくなります。)固くなる原因は「湿気と汗」

メガネの腕を開閉する際に、丁番パーツの隙間に「塵や埃」が入り込みます。

その「塵・埃」が「湿気や汗」で、丁番内部に留まり、パーツの隙間を埋めてしまい、スムーズに動かなくなります。

ご自分で無理に動かすと、ネジが丁番内部で折れて「福井県の修理工場出し」という事態になることも。

※その場合、2~3週間お預かり+修理代金が掛かります。

動かなくなったら、一度当社へお持ちください。

自店で修理が可能な状態か、を拝見します。(丁番ネジを外して、緩衝用のワッシャーを取り外します。)

自店で対応可能な場合、ネジを外して超音波洗浄を行い、塵・埃を除去します。

一部特殊構造の丁番は、対応が出来ない場合や、メガネを数日お預かりする場合もございます。

鴨居店 いしはら

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる