RAYBANハイカーブフレームも、度付レンズでサングラスに出来ます。

運転で使うハイカーブサングラスの度付製作を受けました。

フレームは当店で販売したRAYBAN RB3478 (8カーブフレーム)

度付ハイカーブレンズには、お客様の度数や目幅、フレーム形状など、一般レンズに比べて制約が厳しくなりますが、今回は全てパス出来たので良かったです。

今回はハイカーブ専用レンズ HOYALUX RF SPORTS 8カーブ指定 カラーはアリアーテスモーク75%FC にて注文。

ハイカーブ専用レンズは、フレームそり角によるプリズム自動補正をすることで通常レンズより揺れ歪みが格段に改善され、見やすくなります。

一般レンズに比べ、多少割高にはなりますが、ハイカーブフレームには必須と言って良いほどオススメ致します。

当店にはニデックの高性能加工機 ME1200 を導入しているので、高カーブヤゲン加工も綺麗に仕上がります。

高カーブヤゲン加工にすることで、レンズの前面に合わせつつ、ヤゲン裏のコバを内面側に斜めにカットするのでレンズに無理な力も掛かりません。

元の状態との比較用に、同じ品番の色違いフレームも載せてみます。

ほぼ元レンズと同じ状態で仕上がっているのが確認出来ます。

今回は普通に色を入れてサングラスにしていますが、調光レンズや偏光レンズなどもに対応しております。

横からの光が視界を遮って困ったという経験がある方は、ハイカーブフレームでのサングラスは如何でしょうか。

運転や釣り、ハイキングなど、様々な方向から光が入ってくる状況だと、ハイカーブフレームはとても便利です。

フレームにレンズが入れられない場合もあるので、もし度付ハイカーブサングラスをお考えの場合はご相談下さい。

皆様のご来店をお待ちしております。

鴨居店 ヒキン